PHOTO

VOL.0「TOKYO TRIP-02」Photo

PHOTRIPPERS-VOL.0「TOKYO TRIP-02」に参加されたみなさんの「niceshot!」をご紹介します。
A.Sさんのナイスショット

A.Sさんの niceshot!

カメラの設定を、明るく、鮮やかにするこだわりは、この作品にも生かされてます。
桜を撮影するときでも、モダンでカラフルなビルを見つけて入れ込むことで、桜の華やかさをより引き立ててます。
女性特有の感性、キレイ、カワイイ、が具体的に表現された作品です。

H.Iさんのナイスショット

H.Iさんの niceshot!

人物を中央に置かないで、その人物の特徴である可愛らしさを強調するかのように、画面の端に置いたのが、この作品のいいところです。
風が吹いたんだなと想像させるような、あえて目をつぶった瞬間を撮影。いいシャッターチャンスだったと思います。

K.Iさんのナイスショット

K.Iさんの niceshot!

草原のような草むらの中からカメラを持った男がニョキッと顔を出す、何ともユーモラスな写真です。
主人公を右下に置き、カメラのレンズが向いている左上に大きな空間を作ってるため、画面に広がりがある。
「何を撮っているんだろう?」 見る人の想像力をかき立ててくれる作品です。

M.Oさんのナイスショット

M.Oさんの niceshot!

とにかく被写体の表情がめっちゃいいですね。
さらに握った棒の先に何があるのか? あえて写し込んでいないのも面白いと思います。
しかし何よりこの表情を引き出したこと、シャッターチャンスを逃さなかったことにセンスを感じます。

R.Iさんのナイスショット

R.Iさんの niceshot!

太陽を桜の後ろにすることで、逆光特有の白飛びを押さえ、輪郭がはっきりした昼間なのに叙情的な写真に仕上がってます。
コンパクトカメラで、これだけ撮れたら言うことないでしょう、的な一枚でした。

R.Tさんのナイスショット

R.Tさんの niceshot!

肩を組み照れくさそうに微笑む男ふたり。被写体のふたりと撮影者との心の距離感がいいですね。
画面を斜めにすることで、人の動きが表現されています。さらにふたりが歩く進行方向に作られた空間にこれから歩む、ふたりの明るい未来の光を感じます。

S.Mさんのナイスショット

S.Mさんの niceshot!

曇りなのに、天気特有のモヤッとさを感じさせないのは、シャープな建物を入れ込んで、スタイリッシュな仲間を撮ったからでしょう。
構図的に、人の立ち位置は完璧です。
こちらもコンパクトカメラでした。

S.Sさんのナイスショット

S.Sさんの niceshot!

お寺の門を美しいシンメトリーで撮影しています。
門が丁度額縁のような役割をしていてその中心に散歩する男性と入れることで写真にドラマが生まれています。
静と動を取り入れた、バランス感覚光る作品です。

「TOKYO TRIP-02」のかんいちFhotos