空前絶後の旅ルールとは!? そしてその目的は!?

 「日本一周バイクの旅」の模様を旅人・藤原寛一がモバイル(パソコン・デジタルカメラ)を使って現地から送信、その悪戦苦闘ぶりを毎日ホームページで公開 ! ! 部屋にいながらリアルタイム&バーチャルで日本一周が楽しめます。
 まるでテレビの連続ドラマを見ているような、ハラハラドキドキの旅がパソコン画面で繰り広げられます

 
この旅の最もユニークな点は当ホームページのアクセス数(トップページを開かれた回数)によって1日の旅資金が決められること。
 例えば1日に合計783のアクセスあった場合、1アクセスが「×1円」で計算され、翌日は783円が旅人が使える金額となりますその旅資金だけで旅を続け、日本一周を達成しようという究極のインターネット旅行です。
 このルールは誰でも簡単に参加できる方法として考えられました。また当ホームページは個人としては無謀といえる100万アクセス(旅行中)を目標としています。

 
道中は旅人から掲示板を通して、全国各地の人達に「近くに雨風の凌げるところを知りませんか?」「無料で入れる温泉知りませんか?」「誰かパソコン通信貸して〜」「充電させて〜」「泊めてくださ〜い」といった情報や協力者を募集します。
 アクセスが必要なのはもちろん、みんなの協力がなければこの旅の続行は不可能。
 この旅の主役はこのホームページを見ている人(サポーター)のみなさんです。

 
このように情報を一方的に流すだけではなく、旅人とサポーターがひとつになって旅を造り上げることにこの企画の楽しさと意義があります。
 インターネットの普及によってさらに人と人の距離ができたといわれていますが、ここでは逆にインターネットによって人の距離を縮め、人の輪を広げ、人の温もりが感じられるような旅にしたいと考えています。 
 情報コーナーでは本・雑誌・テレビ・ラジオなどでは入手困難な、この旅ならではのオリジナルティ溢れる情報を提供します。旅人が実際にその地を訪れて、見て、感じたお薦めの情報だけを厳選して紹介しています。

日本一周計画(主な目標・目的)

@ 期間は最長200日間(2000年5月29日出発)
A 47都道府県全てを通過する

B 日本の4極点(宗谷岬・納沙布岬・波照間島・与那国島)にバイクと共に立つ

C 「日本名水100選」全てを訪問する

D 日本全国の「無料&激安温泉」に入りまくる

E 予算が許す限り地元の名物料理を食す

F 岬めぐり、峠越え、林道を走り倒す

G 旧友、旅仲間、サポーターなどなど…できる限りたくさん人と会う…etc

「日本一周バイクの旅」のルール

 ホームページの1日のアクセス数×1円の額が翌日の旅資金額となります。残金は翌日へ持ち越されます。

2 万が一、奇跡が起きて1日のアクセス数が5000を越えた場合、その日はレートを「×1円」から「×0.5円」へダウン。4999アクセスの場合は4999円となり、5000アクセスの場合は2500円となります。
 さらに1日のアクセス数が10000を越えた場合はレートが大幅ダウンされ「×0.1円」となります。例えば12345アクセスだったら1234円になります。これは僕の資金に限界があるため、ご了承下さい(笑)

1日のアクセス数が888、999、1111などゾロ目で終わった場合はスペシャルボーナスとして翌日の旅資金額が2倍になります。
 例えば999の場合は翌日の旅資金額が999×2=1998円となります。ちょっとだけギャンブル要素をプラスしました!!ちなみに、スタートから55日間でゾロ目だったのは1回のみ。この旅で何回あるのか楽しみ!!

 旅資金とはガソリン代・食費・宿泊費・入浴料・有料道路通行料・フェリー代・オイル代・交換部品代・雑費など旅に必要な費用を指します。

 2000/3/30〜5/10のアクセス数は持参用の調味料・食料・クオカードなどの購入金額となりました。


 サーバートラブルで延長された2000/5/11〜5/27のアクセスは旅費用に変換しません。


 旅先で出会った人から餞別としての食料は大歓迎です、謹んでお受けいたしますが、現金と金券の差し入れだけは涙をのんでお断り致します。これは僕流のルールなので理解してくださいね。

 僕がルールです。普通は個人の旅にルールなどありませんが、先の読めないチャレンジ旅行にするために敢えてルールをつくりました。ちょっと大げさですが、ルールを破ることは自分が自分に嘘をつくことになります。
 最終的にはみんなと僕の信用関係によって成り立つ企画だと思っています。みんなで一緒にインターネットジャーニーを楽しみましょう!!